婚約指輪の選び方

婚約指輪で人気が高いのは、個性的なデザインの多い有名ブランドのものです。日常的につける機会の多い結婚指輪は、なにかと制約が多いため無難なデザインが選ばれるようです。婚約指輪の方は、より自由にデザイン重視で選ばれています。

爪つき結婚指輪と重ねづけできるように、セットでデザインされているものがあります。しかし、重ねづけする機会が少ない場合は、別々のものを購入した方が良いかもしれません。特に婚約指輪には、「誕生石」付きのものを選ぶ人が多い傾向があります。婚約指輪はプロポーズする際に贈られることがあるため、誕生石が選びやすいからでしょう。婚約指輪を購入する際に、彼が購入するのか彼女が購入するのか、ふたりでジュエリーショップに行く場合でも、選ばれるデザインが違ってくるでしょう。

婚約指輪でイメージされるのは、爪つきのものですが、大きな宝石が好きな人は爪つきのタイプがおすすめです。しかし、宝石が目立つタイプのデザインがあまり好きではない場合は、小さな宝石がグルリとリングを囲んでいるようなデザインがあります。どちらも、華やかな印象のある婚約指輪です。

幅が細いリングと幅広のリングを選んだ場合とでは、デザインを施すスペースが違ってきます。幅が細いリングは、どちらかと言えば指の細い人に似合います。手の大きな人には、幅広のリングが似合うでしょう。幅広のリングなら、指輪の裏側にメッセージやイラストなどが書き込みやすくなります。