指輪のデザイン

婚約指輪のデザインでオーソドックスなのは、爪付きのデザインです。真ん中に大きなダイヤやルビーなどを置いて、大きな爪がガッシリと宝石を包み込んでいます。また、爪なしタイプとなると、リングに宝石が埋め込まれています。爪なしタイプのリングは高さがないから、爪が引っかかる心配は少ないでしょう。

デザイン大きなダイヤの横に、「メレダイヤ」と呼ばれる小さなダイヤで取り囲んだデザインがあります。宝石がたくさんついていると、何かの拍子に落としてしまう心配もあるようです。宝石の欠けた婚約指輪をつけることはできませんから、落としたときのことも考えてデザインを選びましょう。

婚約指輪で多いのは、「誕生石」を埋め込むタイプのデザインです。自分の誕生石を選べばいいですから、選びやすいという特徴があります。婚約指輪は、男性がプロポーズと同時に渡すことも多いことから、贈る側としても贈りやすいのではないでしょうか。さらに、誕生石には「石言葉」がつけられており、宝石によってメッセージが異なっています。この石言葉を、婚約指輪の裏に刻み込んでおくというのも良さそうです。気に入ったメッセージがあれば、婚約指輪の裏に刻み込むためにも覚えておきましょう。次は指輪のブランドについて説明します。